家電バーゲン
放射能測定器
楽天市場
FX自動売買


トップページへ A頭楯目のページへ B背楯目のページへ C嚢舌目のページへ D裸鰓目・ドーリス1のページへ E裸鰓目・ドーリス2のページへ F裸鰓目・ドーリス3のページへ
G裸鰓目・スギノハウミウシのページへ H裸鰓目・タテジマウミウシのページへ I裸鰓目・ミノウミウシのページへ J種不明のページへ K貝類のページへ Lヒラムシのページへ 


新着情報&トピックス  新着の情報や話題として取り上げたいものなどを御紹介しています。一定期間  このページで取り上げた後は各グループのページへ振り分けます。
                            
 新着情報!
 
 頭楯目の仲間たち各種!交接・産卵行動!!
  頭楯目の仲間はウミウシでありながら触角が無く、殻が有るものや砂に潜って生活するもの、泳ぐものなど変わった種が多くとても興味深い仲間です。科によって体形も特徴がはっきりしていて、一目で何科の仲間かがわかります。砂中にいるものも多く、それだけに普段あまりお目にかかれない種もいて、出会えるとラッキーです!この仲間が最近、交接・産卵期に入っていて、浅瀬の砂地でよく観察されています。それぞれ卵の形も独特で、砂地に産みつけられた卵を見ると、たくさんの頭楯目の仲間が産まれて育ってくれるといいなぁ〜と思います。皆さんも是非、原始的な美しさに溢れた頭楯目の仲間を観察してみてくださいね!
  

コンシボリガイ ベニシボリの産卵 ミスガイの集団
↑コンシボリガイは殻を背負ったオオシイミノガイ科の仲間ですが、軟体部の透明感と模様の美しさで人気のある種。 ↑ベニシボリは赤い線の入った殻が特徴の種ですが、卵はクルクルと螺旋状になって産みつけられているのが観察されている。 ↑ミスガイは殻の有る仲間では大きくなる種で、軟体部はヒラヒラとフリルの様。何個体もが集まっているのが見られた。


カラスキセワタ カラスキセワタの子供 カノコキセワタ
↑カラスキセワタはお尻が伸びない形をしており、青い縁と黄色の途切れがちなライン模様が特徴。 ↑カラスキセワタのかなり小さい個体。まだ、ラインがはっきりしている。左は人間の指。 ↑カノコキセワタの産卵風景。卵はモコモコした綿みたいな塊。

  
 

コナユキツバメガイの産卵
↑コナユキツバメガイの産卵。お尻が2本に切れているツバメガイの仲間。何個体も集まっていた。卵は繊維の様なものが透けて見えるような塊としては形にならない状態。


危うし!!ニシキウミウシ!?

ニシキウミウシを襲うキイボキヌハダ ニシキウミウシを襲うキイボキヌハダ(アップ)

 キイボキヌハダウミウシは白地に黄色の水玉模様でまるで天使の様なかわいい見た目ですが、実は他のウミウシを食べる悪魔?のようなタイプです。自分より小さめのアオウミウシを丸呑みにしているところなどを観察したことがありますが、この時は自分より大きなニシキウミウシに食いついていました。このままのこう着状態が続き、残念ながら時間切れで観察を終えましたので、このニシキウミウシがこの後どうなったのか定かではありません。


新着写真

ヒラムシ
ヒラムシの仲間
白い細点模様のヒラムシ。大きめ。

ヒラムシの仲間
白っぽいが何となく模様が入っている。
スカシガイの仲間
スカシガイの仲間
こうなると貝なのかウミウシなのか?と疑問に思う。
フウセンウミウシ
フウセンウミウシ
膨らんで泳ぐらしい。その状況を観察してみたい。
ガーベラミノウミウシ(小)
ガーベラミノウミウシ
大きいものをよくみるがこの個体はかなり小さい。
メキシクロミス・マリーイ?
メキシクロミス・マリーイ?
シラユキウミウシにも似るが鰓にタテ線が入っているのでこちら?

  

トップページへもどる